我が子の初めての言葉ダービー

そろそろ一歳になる娘はまだ何も喋れないが、ここ最近かなり色々な「音」を発するようになってきた。

というわけでそんな言葉になりきれない音をもとに、我が子が最初に喋る言葉を予測していきたい。

【本命】バイバイ

まずは大本命のバイバイだ。こちらが「バイバイ」と言いながら手を振ると、我が子もマネをして振り返してくれるので、楽しくなってやたらと呼びかけている。

バイバイの過剰摂取によりバイバイの許容値を超えバイバイアレルギーになってしまう危険性すらある。そうなったら本当にごめん。

というわけでバイバイという言葉は耳にタコができるほど聞いているはずなので、いつバイバイと言ってもおかしくない状況である。実際バイバイに近い音はすでに発しており、まさに王手の状態といえる。

【対抗】バーバパパ

バイバイの派生ともいえるが、バーバパパの方が音の構成がシンプルなので喋りやすさはこちらの方が上かもしれない。なんなら個人的には今まで発した一番単語っぽい音はバーバパパだと思っている。

しかしこれまでバーバパパの絵本やアニメは目にしたことがないので偶然か、前世がバーバパパかのどちらかだ。

偶然でもあとから裏付けを作ればよい。というわけで先日バーバパパの絵本を買ってきてヘビロテしている。本命との差はぐんぐん縮まっている。

【単穴】WOWOW

こちらは「あうあう」からのアプローチだ。「あうあう」がWOWOWへと昇華する可能性は十分にある。

柳楽優弥は「フフフフーンに入ろっかな♪」と言っているがそのフフフフーンがWOWOWであることを私はすでに知っている。そして我が子にも教えた。というかずっと「WOWOWに入ろっかな♪」と口ずさんでいる。

身近でない分バイバイやバーバパパと比べて不利ではあるが、テレビっ子の子どもであることを鑑みて単穴予想としたい。

【連下】バウアー

バウアーとはすなわち大人気海外ドラマシリーズ『24』の主人公ジャック・バウアーのことだ

「ことだ」と言い切ってみたが、むろん我が子は24を見たことはないのでジャック・バウアーはご存じない。ただ私の知ってるバウアーさんがジャック・バウアーしかいないのでここではジャック・バウアーとしておこう。

ちなみにバウアーの選定理由は最近「はうあー」という音を発することが多く、それに一番近い単語がバウアーということだけだ。最初に喋る言葉がバウアーでもちっとも嬉しくないので出来れば他の言葉にしてほしい。

【大穴】だるま

今のところ「だるま」という言葉を発する兆しは全くない。

ただ『だるまさんシリーズ』という絵本をかなり読み聞かせている。面白いのか他の絵本と比べても我が子の反応が良い。そんな『だるまさんシリーズ』を買った時にチラシが入っていたのだが、読者からの声のコーナーに「息子の初めての言葉は『だるま』でした」という衝撃的なコメントが寄せられていた。

まじか。初めて喋る言葉が「だるま」ってインパクト強すぎるだろう。アルファツイッタラーがプロフィール欄に「初めて喋った言葉はだるま」と一言だけ書いていそうなくらいネタとしては強い。

いきなり我が子が「だるま」という姿はにわかに想像できないが、読者の声にあるような前例があるので100%ないとは言い切れない。まさに大穴に相応しい言葉だろう。


というわけで我が子の初めての言葉ダービーの予想は下記の通り。

このどれかを喋るのか、はたまた予想だにしない言葉を喋るのか、ワクワクしながら初めての言葉の出走を待ちたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)