セブンイレブンの新旧ドーナツ食べ比べが人生の教訓となる

まずはこちらの2枚の画像を見てほしい。

①1月18日の私

IMG_4960

②1月19日の私

IMG_4967

昨日の私と今日の私、実は何かが変わっている。

自分でじっくり見比べてみると今日の方が心なしか禿げている気がするがそこではない。

実は本日1月19日からセブンイレブンのドーナツが新しくなったのだ。

僕は普段からあまり甘いものを食べないので今やコンビニで並ぶのが当たり前になったドーナツにもそこまで関心が無かったのだが、どうやら「売れていない」ことが今回のリニューアルの原因らしい。

そう、

①の私はリニューアル前のセブンイレブンドーナツを食べた私

②の私はリニューアル後のセブンイレブンドーナツを食べた私

である。

一見すると何の変化もないが、私の身体の中ではすごい変化が起きていたのだ。

ちなみにこちらが生まれ変わる前のドーナツ

IMG_4956

ふわもちシュガードーナツ

そしてこちらが生まれ変わった後のドーナツ

IMG_4964

ツイストドーナツ

それではここからはリニューアル前のセブンイレブンドーナツを食べた私とリニューアル後のセブンイレブンドーナツを食べた私の対談形式で2つのドーナツを比べていきたい。

IMG_4960まずリニューアル前のドーナツはビジュアルが
THEドーナツで安心出来るよね。その点、リニューアル後のドーナツは本当にドーナツなのか疑うところから始まる。

IMG_4967穴がない分、得をしていることに気がついてほしいね。
昔、「ドーナツを穴だけ残して食べる方法」という本が話題になったけど
新しいセブンのドーナツはそんなことを考える必要がないし。

IMG_4960ドーナツに穴が空いてなければそもそもその本も書かれていないけど。

IMG_4967というかリニューアル後のドーナツはツイストドーナツだから
穴が空いてないのがデフォルトだけどな。

IMG_4960おしゃれぶってる。

IMG_4967外側の見た目ではなく中身にこだわったほうがいいんじゃないか?リニューアル前のドーナツは生地の中にも穴があったけどリニューアル後のドーナツは中まで詰まってる。トッポに負けないくらい最後まで生地たっぷり。

IMG_4966

IMG_4960確かにリニューアル前は生地の中にも穴が…

IMG_4961

IMG_4967味もリニューアル後のドーナツはシュガーとメープルのバランスが丁度いい。
リニューアル前は甘いだけで味に深みがなかった。

IMG_4960シンプル・イズ・ザ・ベストな。
問題はリニューアル後は食べる時に粉が落ちて食べづらいこと。
あと君の口にも白い粉が付いてるよ。

IMG_4967ええっっ!!

IMG_4960もし隠れて兄弟のドーナツを食べたら昨日の俺はバレないけど、明日の俺は
バレてるからな。口に粉ついててバレるって漫画でしか見たこと無いけど。

IMG_4967ほんとにそれでバレたらすごい恥ずかしいだろうな…。
穴があったら入りたくなるだろうね。

IMG_4960まぁ新しいドーナツに穴はないけどな。

IMG_4967…。

というわけで新しいドーナツを食べた私は下手なギャグを受け流すことが出来るようになった。しかし下手なギャグを言っているのは昨日の自分だ。自分を自分が助けなくて誰が助けるのだ。だが、ここでまともにギャグを受けると今日の自分も昨日の自分と同じレベルになってしまう。ただ忘れてはいけないのは昨日の自分があっての今日の自分なのだ。

そう、人間とは過去の自分を受け入れることでしか今の自分を生きていくことが出来ない生き物なのだ。そして過去の自分が個性を作る。穴があってもなくてもドーナツがドーナツであるように、周りとどんな違いがあったってその人はその人なのだから、自分らしく生きれば良い。

そんなことを教えてくれたセブンイレブンのドーナツに感謝したい。

※リニューアルしたセブンイレブンのドーナツは間違いなく美味しくなっていました。またリニューアル後も穴の空いたドーナツは販売しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)