本当にティファールはあっという間にすぐに沸くのか

お久しぶりです。

実はこの5月からついに一人暮らしを始めました。

冷やし中華然りなんでも始めると気分が良いものですが、一人暮らしというのはその中でもトップクラスのワクワクを提供してくれます。一人暮らしの諸先輩方に話を聞くと必ずと言っていいほど「楽しいのは最初だけ」という新米シングルライサー(シングルライフしている人)をビビらせる一言が返ってきますが、一人暮らしを始めて4日の僕は今のところ全くそんな気がしていません。このワクワク感が末永く続くと信じきっております。

 

一人暮らしをするにあたって欲しいものがありました。

それがこちらの電気ケトル

DSC_0004

テレビCM でもおなじみのティファールの電気ケトルです。

僕の実家はずっとポット派で我が家には電気ケトルがありませんでした。
一人暮らしとなるとそんなにお湯をたくさん使う場面がないのでティファールで十分なことが多いはずです。そんなわけで僕の中には「一人暮らしの人はポットよりティファール」というイメージがこびりついているわけです。

 

というわけで、一人暮らしをした暁にはティファールを買ってスマートにお湯を沸かせてやるぜ!!という夢がついに叶ったわけです。

 

さてそんなティファールの電気ケトルですが、ティファールといえばこのCMが有名です。

 「あっ…という間にすぐに湧くティファール♪」

このフレーズを覚えている人も多いのではないでしょうか。

かくいう僕も「あっ」という間に沸いてしまうなんてすごい!と小学生並みに単純な思考回路でタイガーでもゾウジルシでもなくティファールを選んだわけです。ティファールだけ動物関係ないし。

 

 で、実際に買ったら本当に「あっ」という間にお湯が沸くのか検証してみたくなるのが人間の性‐SAGA‐です。

それと同時に「あっという間」という言葉は漠然としててどのくらいの時間なのかよく分からない!という声にお答えする検証でもあります。具体的な数字を入れて話すことがプレゼンでは大切と習いました。「あっ…という間にすぐに沸くティファール」をプレゼンで使おうとしている全国の皆様の力になりたいと思っています。

沸かす水の量はCMと同じくらいの0.5リットルです。「あっ」というセリフですが、CMに忠実に、振り返って「あっ」という一連の動きを「1あっ」としました。では検証結果を動画でご覧頂きましょう。

なんと0.5リットルのお湯を沸かすのに言わなければいけない「あっ」の回数は120回でした。

思ったよりも「あっ」と言わなければティファールでお湯は沸かないようです。120回も「あっ」と言っていて許されるのはカオナシくらいだと思います。

というわけで、より正確に沸く時間を伝えるために今後ティファールのCMでは

「あっ…と120回言う間に沸くティファール♪」

と言っていただきたいと思います。

それでもかなり沸くスピードは早いんです。ティファールさんすごい。これからもあっあっあっあっ言いながらお湯を沸かしていきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)